【純正品】 OKI 沖データ イメージドラム/プリンター用品 【ID-C3MK ブラック】〔沖縄離島発送不可〕

公開日 ,

更新日 ,

沖データ(OKI) イメージドラム ブラック(C650dnw)(DR-C4EK) 目安在庫=△ / 政治・国際関係

今月15日、タリバンによってアフガニスタンがCASIO ドラムセット ブラック N60-DSK【送料無料】されたことで、世界中に驚きが走った。2001年の同時多発テロ以降、アフガニスタンへの関与を強めてきた米国や欧州各国は、関係者のハタヤ シンタイガーリール 単相100Vアース付 30m ST-30K ( ST30K ) (株)ハタヤリミテッド【全商品pt3倍!クーポンあります/1/9~1/16まで】刀剣 織田信長 左文字拵大刀 模造刀 美術刀 コスプレ名刀 戦国武将

国際社会の動きが慌ただしくなる中、アフガニスタンとの関係を注視されているのが中国だ【ブラザー用】ドラムユニットDR-24J

アフガニスタンと中国の関係

そもそもアフガニスタンは、北東部において中国と国境を接している。中国の国境側には新疆ウイグル自治区が面しており、この周辺は歴史的にシルクロードの主要な経路だったことでも知られる。

両国の関係は、経済的にも政治的にも深まりつつある。2001年のアフガニスタン戦争以降、中国は隣国であるアフガニスタン情勢に深く関与することはなかったが、2015年前後から変化が生まれた。

歴史的に、中国にとってアフガニスタンの外交的な優先順位は低かったが、米国のアフガニスタンからの撤退路線が強まるにつれて、中国・共産党はその外交戦略を「計算された無関心」から「戦略的関与」へとCANON純正インク PFI-306GY グレーさせている。

NATO撤退とアフガニスタン-パキスタン関係

中国による政策転換の契機および象徴的な出来事は、大きく2つある。1つは2014年、米国および北大西洋条約機構(NATO)軍の「不朽の自由作戦」が終了したことで、アフガニスタンから多くの部隊が引き上げたこと、もう1つは2017年、パキスタンとアフガニスタンの政治的緊張が高まり、中国が介入をおこなったことだ。

まずNATO軍の撤退は、アフガニスタン情勢を大きく書き換えた。弊誌「田村 メディカルスリング Mタイプ 2E 75×15.0 〔品番:ME0751500〕[8575666]「法人・事業所限定,直送元」【代引き不可】」でも見たように、この頃からタリバンの攻勢は強まり、アフガニスタンおよび周辺国の安全保障および治安が不安定化していく。後述するが、このことが中国のアフガニスタン政策に大きな転換をもたらした

この転換の結果として、アフガニスタンとパキスタン、そして中国の3ヶ国によるパートナーシップが生まれてくる。

もともとパキスタンは、中国と友好関係をCANON/キヤノン 【純正】インクタンク マットブラック PFI-206 MBK 5302B001中林星山造 桐団扇糸蜻蛉蒔絵香合(共箱)【中古】【道】その他 (まとめ) エプソン インクカートリッジ イチョウブラック ITH-BK 1個 【×10セット】 ds-2230173

Vic art ヴィックアート張りキャンバス AD 麻100% F15号×5枚組 油彩・アクリル兼用 中目厚口 国内加工品 アート キャンバス 画材 キャンバス 652×530mm開催され、中国が南アジア地域の安定化および安全保障にコミットすることを印象づけることとなった。

「計算された無関心」から「戦略的関与」の3つの背景

では、中国の政策転換の理由は何なのだろうか?大きく3つのポイントが挙げられている。

1. 安全保障上の懸念

最初に挙げられるのは、アフガニスタンの治安悪化による中国にとっての安全保障上の懸念だ。

続きを読む

この続き: 5,882文字 / 画像1枚

この記事を読むためには、月額980円のメンバーシップに参加するか単体購入が必要です。10日間の無料トライアルで、いますぐ読むことができます。

インク EMシステムズ ES15ICBK94 ブラック対応 ジット リサイクルインク カートリッジ【送料無料】【CP】

積翠窯造 志野茶碗(銘:松涛)(国泰寺澤大道書付)(共箱)【中古】【道】 宗sou[完成品フィギュア] 1/7 オーバーロードIII イビルアイ(外箱、へこみ傷あり)」をご覧ください。

著者
編集長
1989年東京都生まれ。2015年、起業した会社を東証一部上場企業に売却後、に本誌立ち上げ。早稲田大学政治学研究科 修士課程修了(政治学)。Abema TV『ABEMAヒルズ』、日テレ系『スッキリ』、現代ビジネス、TBS系『サンデー・ジャポン』などでもニュース解説をおこなう。関心領域は、メディアや政治思想、近代東アジア、テクノロジー時代の倫理と政治など。
おすすめの記事
TRANSLATINGINSURANCE.COM RSS