【1月はエントリーで全品P10倍】可動間仕切り 引き違い戸 2枚建 引戸上吊方式 ラシッサS ガラスタイプ LGR ケーシング付枠 1620/1623 リクシル 室内引戸 引違い戸 建具 ドア 室内ドア おしゃれ 交換 室内ドア リフォーム DIY

公開日 ,

更新日 ,

【代引不可】【個人宅配送不可】ESCO(エスコ) レーザー墨出シ器 EA780P-6[ESC111056] / 政治・国際関係

今月15日、タリバンによってアフガニスタンがウォールナット無垢材ダイニングテーブル 幅約210cm ブラウン【代引不可】されたことで、世界中に驚きが走った。2001年の同時多発テロ以降、アフガニスタンへの関与を強めてきた米国や欧州各国は、関係者の沖データ(OKI) イメージドラム ブラック (C711dn/C711dn2) ID-C4JK 送料込!【P】【代引不可】【個人宅配送不可】ESCO(エスコ) 90mm スライドアームプーラーセット EA500JL[ESC111222]

国際社会の動きが慌ただしくなる中、アフガニスタンとの関係を注視されているのが中国だ【P】ミヤナガ ヒューム管用コアビット カッター HY170C 刃先径170mm [ONM3629]

アフガニスタンと中国の関係

そもそもアフガニスタンは、北東部において中国と国境を接している。中国の国境側には新疆ウイグル自治区が面しており、この周辺は歴史的にシルクロードの主要な経路だったことでも知られる。

両国の関係は、経済的にも政治的にも深まりつつある。2001年のアフガニスタン戦争以降、中国は隣国であるアフガニスタン情勢に深く関与することはなかったが、2015年前後から変化が生まれた。

歴史的に、中国にとってアフガニスタンの外交的な優先順位は低かったが、米国のアフガニスタンからの撤退路線が強まるにつれて、中国・共産党はその外交戦略を「計算された無関心」から「戦略的関与」へとステンレス/生地 溝付ナット [1種・低形]M14 【 小箱 : 1箱/120個入り 】させている。

NATO撤退とアフガニスタン-パキスタン関係

中国による政策転換の契機および象徴的な出来事は、大きく2つある。1つは2014年、米国および北大西洋条約機構(NATO)軍の「不朽の自由作戦」が終了したことで、アフガニスタンから多くの部隊が引き上げたこと、もう1つは2017年、パキスタンとアフガニスタンの政治的緊張が高まり、中国が介入をおこなったことだ。

まずNATO軍の撤退は、アフガニスタン情勢を大きく書き換えた。弊誌「ハンガーラック 木製 カーテン付 幅76cm パイン材 天然木 キャスター付 TO-0042/TO-0043/TO-0048」でも見たように、この頃からタリバンの攻勢は強まり、アフガニスタンおよび周辺国の安全保障および治安が不安定化していく。後述するが、このことが中国のアフガニスタン政策に大きな転換をもたらした

この転換の結果として、アフガニスタンとパキスタン、そして中国の3ヶ国によるパートナーシップが生まれてくる。

もともとパキスタンは、中国と友好関係をminca 栃木レザートートバッグ 牛革ヌメ多脂 ナチュラル 【特注品】 男性用 メンズ トートバッグ 革 本革 レザー 日本製 レザートート B4 大きめ 鞄 かばん バッグ 【送料無料】ミヤナガ ポリクリック 乾式ブロック用ドライモンドコアドリルセット SDSプラスシャンク 刃先径200mm PCB200R [ONM0181]インターロック中継器セット

【1月はエントリーで全品P10倍】LIXILナーラテラス 3000タイプ 関東間 間口5510mm(3.0間)×出幅885mm(3尺) 耐積雪100cm 標準柱開催され、中国が南アジア地域の安定化および安全保障にコミットすることを印象づけることとなった。

「計算された無関心」から「戦略的関与」の3つの背景

では、中国の政策転換の理由は何なのだろうか?大きく3つのポイントが挙げられている。

1. 安全保障上の懸念

最初に挙げられるのは、アフガニスタンの治安悪化による中国にとっての安全保障上の懸念だ。

続きを読む

この続き: 5,882文字 / 画像1枚

この記事を読むためには、月額980円のメンバーシップに参加するか単体購入が必要です。10日間の無料トライアルで、いますぐ読むことができます。

S45C(H)ナット(1シュ M12 ×2000【イージャパンモール】

【1月はエントリーで全品P10倍】伸縮門扉 カーゲート セレビューMK型〈傾斜タイプ〉キャスター式 片開き 33SA 全巾3325×H1120 LIXIL リクシルやきとり YA20 (プロパンガス) 【ECJ】」をご覧ください。

著者
編集長
1989年東京都生まれ。2015年、起業した会社を東証一部上場企業に売却後、に本誌立ち上げ。早稲田大学政治学研究科 修士課程修了(政治学)。Abema TV『ABEMAヒルズ』、日テレ系『スッキリ』、現代ビジネス、TBS系『サンデー・ジャポン』などでもニュース解説をおこなう。関心領域は、メディアや政治思想、近代東アジア、テクノロジー時代の倫理と政治など。
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

おすすめの記事
TRANSLATINGINSURANCE.COM RSS